近年、ブルーライトが視力に与える影響について研究されています。

ブルーライトは目の奥まで進み、光が散らばることによって様々な目への悪影響を引き起こします。

寝る直前にスマホを見ると、眠りにつきにくくなり、睡眠のリズムが狂います。

ルテインにはブルーライトをフィルターとして吸収する働きがあるとして、注目されています。

 

ルテインがブルーライトを防げる理由

ブルーライトは可視光線の中でも強いエネルギーを持ちます。

ブルーライトは380㎜~495㎜の波長を持ちますが、ルテインとゼアキサンチンの吸光度のピークがブルーライトの波長とあっているので、ブルーライトを吸収することができるのです。

 

ルテインが視力回復をバックアップしてくれる

こういったブルーライトを吸収できるだけでなく、ルテインを体の外から摂取することによって、目の黄斑部のルテインの濃度が濃くなります。こうなると、まぶしさに強くなったり、色のコントラストがはっきり見えるようになるので、暗がりでもものが見えやすくなります。

普段から目の疲れを感じているけど、ブルーベリーじゃ物足りない、という人はルテインも摂取してみるといいかもしれませんね。

人の体の中ではルテインとゼアキサンチンは作ることができないのでサプリメントなどで外から入れてあげる必要があります。