ブルーライトをカットし、目に良いとされるルテイン。

実はルテインは人間の体にも元々ある物質。

目の部分や、乳房などにあります。

そして、いつからルテインは人体にあるのか?というと赤ちゃんの頃から発生しているという驚きの事実がわかったのです。

 

ルテインは胎児の頃にも大事な役割を果たす

研究でルテインは妊娠の17~22週目頃に胎児の網膜細胞に蓄積することがわかっています。

胎児が大きくなるにつれて、ルテインとゼアキサンチンは目の黄斑に多く集まってくるようになります。

大人でもルテインは目の水晶体と中心にある黄斑部にあるので、胎児の頃からルテインは「黄斑部」にあるように決まっているんですね。

人体の中では本当にちょっとした部分ですが、これが人間の視力を支えているのかと思うと、本当に人体って不思議だなと思いますね。

 

 

じゃあ、ルテインはどこからくるのか?というとルテインは母親の血から伝わってきます。

また母乳にもルテインとゼアキサンチンが存在するそうです。

 

母体から伝わってくるほど、ルテインは人体形成に重要な成分だったんですね。

ルテインはカロテノイドであり、色素と言う位置づけなので、こんな力があることに驚きました。